夢の実現に向けて|マンツーマンでできるパン教室|楽しみながら習おう

夢の実現に向けて

すし

修行よりも学校へ

これまで寿司職人になるには、長い修業期間が必要だとされていました。寿司を握る技術以外にも、魚の良し悪しが分かるようになるには経験が必要だからです。そのため寿司職人になりたい人は、寿司屋に弟子入りして、修行しながら勉強するのが一般的な方法でした。しかしこの方法だと、一人前の寿司職人として認めてもらうには時間がかかってしまいます。そこで修行時間を大幅に短縮するために作られたのが、寿司職人を養成するコースです。通常の調理師学校よりもさらに短い数カ月で、プロの寿司職人としての技術と知識を身につけることができます。夜間コースも設けられているので、寿司屋で修行しながら通うこともできるし、社会人でも通うことができます。

開業もできる

数カ月と言う期間ではありますが、卒業までには寿司職人に必要な技術と知識が身につきます。それ以外に経営についても学ぶことができるので、開業も夢ではありません。卒業生や在校生が経営している寿司店が高い評価を受けていることで、数カ月でも腕の良い寿司職人になれることは証明されています。通常の調理師学校や見習いとは違い、実践を重視していることも人気の秘密と言えるでしょう。弟子入りして学ぶよりも、確実に効率良く寿司職人になれることは間違いありません。もちろん安くはない学費はかかりますが、卒業後の就職先の面倒を見てもらえることや、開業のチャンスを考えると、お得と言えます。何よりわずか数カ月で、10代で修業を始めた人にも負けない即戦力となれるところが、支持されている理由です。